インプラントの歯根は自分の歯のような頑丈さ:歯根なき遺恨を開墾

この治療のメリット

歯磨き粉

虫歯や歯周病や不慮の事故で歯を失ってしまって悩んでいる方も少なくありません。
でもどんな歯科的な治療法があるのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。
治療方法にはブリッジ、入れ歯、インプラントなどがあります。
それぞれの治療法について説明します。
ブリッジは失った箇所の両隣の歯を削り、それを土台として橋を架けるように3本の連結した歯をかぶせ補う方法です。
また入れ歯は両隣の歯に金属のばねをひっかけることによって義歯を固定させる方法です。
一方インプラントとは歯を失った場所にチタン製の人工歯根を埋め込みあごの骨と接合させてから人工の歯をかぶせる方法です。
このようにしてみるとブリッジ、入れ歯は両隣の歯にも負担をかけることになりますが、インプラントではそれがないことがわかります。

このように両隣の歯に負担をかけることがないインプラントですが、メリットデメリットはあらかじめ知っておいた方が良いでしょう。
メリットはしっかりとあごの骨に固定されるので天然の歯と変わらない感触で噛むことが可能になります。
また見た目を回復させることもできます。
更にメンテナンスをしっかりすれば半永久的に使用できます。
逆にデメリットとしては、保険適用外の治療法であるため治療費が他の治療法と比べて高額になってしまいます。
また人工歯根をあごの骨に接着させるため手術が必要になります。
そして治療にかかる時間が長期にわたってしまう可能性もあります。
このようにインプラントにはメリットとデメリットがあるためこれを理解してから治療するか決めた方が良いでしょう。