インプラントの歯根は自分の歯のような頑丈さ:歯根なき遺恨を開墾

歯科を選ぶ

治療

虫歯や歯周病など口腔内の病気で歯が抜けてしまった、事故などの怪我で歯が抜けてしまったなどという方が意外と少なくはありません。
大人になってから抜ける歯は永久歯ですので、その後もう二度と生えてくることがないというのが問題です。
だからこそ、歯は大切に扱わないといけないとされているのです。
さて、そうは言っても抜けてしまったからにはどうしようもありません。
そこで適切な治療を施す必要があるでしょう。
その治療とは、抜けた歯の隙間部分を人工歯で埋める方法です。
1本くらいなら放置してしまう人もいますが、歯は1本ないだけでも様々な健康被害を引き起こす可能性があるため、できてしまった隙間は埋めてしまう方がいいでしょう。

歯の隙間を人工歯で埋める治療には入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。
入れ歯はお年寄りが使うものと思われていますが、若い人でも使っている人は少なくありません。
また、他の治療を行う前の一時的な義歯として使うケースもあるようです。
取外しが可能なので常に清潔に保つことができますが、ただ、金具で固定するため使用感や見た目がいいとは言えないでしょう。
ブリッジは健康な歯を削って固定するため、入れ歯に比べると安定感があり使用感も見た目もいいですが、健康な歯への影響があります。
インプラントは顎骨にあけた穴に器具を差し込み人工歯を固定するため、入れ歯やブリッジ比べて最も使用感と見た目が優れています。
その分、費用の高さはネックですが、天然歯を取り戻すという意味ではインプラントが最もいいでしょう。