インプラントの歯根は自分の歯のような頑丈さ:歯根なき遺恨を開墾

歯科を探す

歯ブラシ

1本くらい歯を失ってても大丈夫だと考えているのならば、その考えは改めるべきです。
なぜなら、歯は全部揃っているからこそ全体のバランスが保たれているからです。
言い換えれば、1本失っただけでも、歯の全体のバランスは崩れてしまうのです。
歯の全体のバランスが崩れたことで生じるのは、様々な不具合です。
例えば、虫歯や歯周病になりやすくなります。
その結果、2本3本と次々に歯を失ってしまうことも往々にしてあるのです。
ですから、1本でも歯を失わないように日頃から努めなければならないのです。
歯磨きを怠らないことはもちろんのこと、虫歯や歯周病の自覚がなくても定期的に歯科で診察を受けることも有意義です。
そして、歯を失ってしまったのならば、すみやかに歯を補う必要があります。
そうすれば、歯の全体のバランスを崩さずに済みますから、様々な不具合を未然に防ぐことができます。

歯を補う治療法として一般的なのが入れ歯、ブリッジ、インプラントです。
差し歯という治療法もありますが、差し歯は歯の根っこが残っていなければ不可能な治療法となります。
3つの治療法の中で、格段に優れているのはインプラントです。
歯は強く噛むことができなければ機能を果たしているとは言えませんが、その噛む機能が入れ歯とブリッジの場合は不十分なのです。
なぜなら、入れ歯もブリッジも固定方法に問題があり、必ずしもしっかりと歯が固定されている治療法だとは言えないからです。
しっかりと歯が固定されていなければ、当然、強く噛むことは不可能です。
その点、インプラントは人工歯根を歯が抜けた部分に埋め込み、顎骨に定着させるという治療法になります。
ですから、しっかりと固定されていますし、それ故に強く噛むことができるのです。
顎骨に歯が固定されているという状態は、天然歯と同じ状態です。
ですから、インプラントの治療を施せば、天然歯があった頃と同じ強さで噛むことができるのです。